*

インデラル

インデラルはあがり症に効果あり?私が選んだ「あがり症克服方法」

投稿日:

私は、インデラル以外の方法であがり症を克服しました!

インデラルという薬があがり症に効果的であるとご存知でしょうか?この薬は、狭心症や高血圧症の治療薬として主に
処方されていますが、あがり症の人が服用すると緊張が緩和されるということが言われています。
また、口コミでも多くの人があがり症に効果的だというコメントをされています。

しかし、実際にインデラルを服用しても、一時的には効果があっても長続きはせず、根本的な治療とはなりませんでした。
最終的に私があがり症を克服できたきっかけは、インデラルではなくあるテキストでした。このテキストと出会って、
毎朝のプレゼンや大勢の前での発表での失敗が減り、自信が持てるようになりました。

ここでは、私がインデラルではなくテキストを選んだ理由について、紹介していきますね。

「インデラル」はもともと高血圧症・狭心症の治療薬

インデラルは、イギリスの製薬会社「アストラゼネカ」で開発された医薬品です。医療現場では、高血圧症や狭心症の
治療に使われている薬です。

作用メカニズムは、β受容体遮断で、心臓のβ受容体をブロックすることで心拍数を抑え狭心症の発作を予防します。
また、心拍数を抑えることで血圧を下げることができるので、高血圧症の治療にも用いられています。

インデラルはなぜ、あがり症にも効果があるのか?

あがり症の症状としては、緊張して心拍数が上がる、冷や汗が出る、のどが渇くといったものがありますよね。
これは、全て交感神経が優位になることで起こっています。
逆に言えば、この交感神経をブロックすることで症状を抑えることができます。

インデラルはβ受容体遮断薬なので、交感神経の興奮を抑える働きがあります。そのため、あがり症の人が服用すると、
症状を抑える効果が出るというわけなんです。

インデラルはこのように、心拍数を抑え緊張を緩和してくれます。一般的には循環器科で処方されることが多いですが、
あがり症以外にも、精神科で処方されることもある薬なんです。

インデラルを服用した人の声、実際はどう?

私は、インデラルについて聞いた時、「あがり症に薬!?本当に効くの?」と最初はとても驚きました。
しかし、調べていくと、インデラルを服用して良かった!という声がとても多くあることを知りました。一方で、
「あまり効果がない」という声もあり、反応が様々でした。実際には、どのような口コミがあったのか、いくつか紹介しますね。

良い口コミ

・あがり症で毎回緊張してしまうので困っていたのですが、インデラルを知り、試しに会議でのプレゼンに備えて
服用しました。すると、マイクを持つ手が震える事なく、プレゼンが終了したんです!その後も、インデラルのおかげで
緊張することが減り、プレゼンの内容も良くなり自信がつきました。
服用していて副作用が出ることもなく、今では欠かせない薬です。今後もインデラルを上手に活用したいと思っています。

・幼い頃からの緊張しいで、特にピアノ発表会では緊張して上手に弾けませんでした。
緊張に効くと聞いて、精神安定剤のデパスも飲んでみた事があるのですが、副作用で眠気が出てしまって。
他に良い薬があればと探していて見つけたのがインデラルです。
また効かないかな・・・と不安でしたが、試しに発表会の日に飲んでみると、いつも通りの演奏ができました!
眠くなることも緊張することもなく、いつもの自分でいられました。

・インデラルすごいです!会議では必ず緊張してしまって声が震え、その声を自分で聞いて余計緊張する・・・と
負のスパイラルだったのですが、インデラルを飲むと落ち着きました!
心臓がドキドキすると緊張してしまうのですが、薬のおかげで落ち着き、助かっています。

悪い口コミ

・緊張すると手が震えてしまうのが長年の悩み。解決したいと思って口コミで知ったのがインデラルです。早速購入して飲んでみましたが、
相変わらず手が震えてしまい、効果が見られませんでした。口コミが良いだけに、自分には効果がなく少し残念です。

・インデラルがあがり症に効く!と聞いたのですが、実際に飲んでも私はあまり効果がありませんでした。
私自身は、デパスのほうがよく効いていると実感できます。インデラルの効果であがり症が落ち着く人も
いるようです。薬はやっぱり効果に個人差がありますね。

全体的には、口コミの約8割程度が「効果があった!」「飲んでよかった!」とポジティブな口コミが多く、インデラルは
あがり症に効果のある薬という印象を受けました。しかし、人によってはインデラルの効果を実感できない人もいるようで、
やはり薬の効き目には個人差があるという感じでしたね。

あがり症に対して使用する時の服用法

では、実際にあがり症の改善目的でインデラルを服用したい場合、どのように服用するのが効果的なんでしょうか?
また、副作用など注意する点もまとめましたので、参考にしてくださいね。

インデラルの持続時間はどのくらい?

あがり症の人がインデラルを服用する時、できれば効き目が持続してくれた方がいいですよね。また、せっかく服用
したのに、大勢の前でのスピーチや入社試験の面接など、一番緊張する場面で薬の効果が切れてしまっては困りますよね。
効果を発揮するためにも、インデラルは飲むタイミングがとても重要です。

インデラルの持続時間は、個人差もありますが大体服用してから4時間くらいと言われています。これは、4時間経つと
薬の効果が半減するためです。また、薬の効果のピークは服用後1時間~1時間半くらいだとされています。
せっかく飲むのであれば、効果が最も大きいタイミングで緊張する場面を迎えるのがいいですよね。

薬の半減期とは?

薬の「半減期」とは、薬の血中濃度が半分になるまでの時間です。

例えば、インデラルの半減期は4時間ですが、これは服用してから4時間経過すると、血中の濃度が半分まで減少して
しまうということです。薬は半減期を過ぎると、効果が落ちてくると言われています。

半減期は薬によって異なっています。半減期が短いと、すぐに代謝や排せつにより体内から出てしまいますので、薬の効果の
持続性が少ないと言えます。一方、半減期が長いと、服用してからの効果が長く持続するということです。
インデラルは半減期が4時間ですので、緊張する場面が4時間以内に終了するタイミングで飲むのがいいですね。

インデラルの効果的な飲み方

半減期以外にも、インデラルの効果的な飲み方があります。それは、効果を発揮してほしいタイミングの1時間前くらいに
服用することです。あまり早く飲み過ぎてしまうと、効果のピークを過ぎてしまいますし、効果が切れてしまいます。

つい飲み忘れないようにと早く飲んでしまう人もいるようですが、あまり効果がないことがありますので、注意してくださいね。

インデラルの服用量、上限は?

あがり症の改善目的でのインデラルの服用方法は、実は薬の添付文書には記載がありません。ですので、どれくらい1日に
服用してよいのか、迷ってしまいますよね。

実は、薬の添付文書には狭心症治療と高血圧症治療の際の摂取目安量が記載されています。狭心症の改善目的の場合は、
1日3回服用します。用量は、1回10mgを目安とし、効果が少ない場合は20~30mgまで増やします。

高血圧症の改善目的の場合は、狭心症と同じく1日3回、1回あたり10~20mgが目安です。効果の出方次第で、
最大1回40mgまで増やしても大丈夫と記載されています。

あがり症の改善目的でインデラルを飲む時は、基本的には狭心症や高血圧症の治療目的と同様、1回10~30mgの範囲内で
服用するのがおススメです。もっとたくさん服用したい場合は、狭心症治療の上限である90mgを超えない範囲で摂取
するのが良いでしょう。服用する回数は、あがり症を抑えたい時だけ飲めば大丈夫です。1日3回きっちり服用する必要はありません。

90mgを超えて大量に摂取してしまうと、後述する副作用が出る可能性も高まります。副作用を避けるためにも、
用量は適量に抑えるのがベストですよ。

また、初めてインデラルを摂取する時は、1回10mg程度から始めて様子を見るのがおススメです。緊張するからといって
最大容量の30mgをはじめから服用すると、副作用が強く出てしまう可能性があります。注意しましょう。

インデラルの気になる「副作用」は?

インデラルは、比較的副作用が少ない薬として知られています。しかし、医薬品なので体調や体質によっては副作用が
発生する可能性があります。

インデラルの副作用で最も多い症状が、「徐脈」という不整脈の一種です。徐脈は心拍数が低下することで脳に必要な
血液を送ることができなくなります。その結果、めまいや失神、ふらつき、だるさなどが起こります。インデラルを
服用してから身体がだるくなり、脈拍数が1分間に50回以下になったら、無理をせず医師の診察を受けるようにしてください。

インデラルは妊婦や授乳中に服用してもよい?

妊娠中にインデラルを服用するのは、避けた方が良いでしょう。インデラルを服用すると、新生児の発育遅延や血糖値の低下、
呼吸抑制などの原因になります。妊娠の可能性がある時期も、なるべくインデラルは服用しないようにしておくのが安心です。

また、産後授乳中の人も、インデラルの服用はやめておきましょう。インデラルは母乳に移行することが分かっています。
どうしても服用する必要がある場合は、授乳を止めてから服用しましょう。

インデラルはどこで入手ができるの?

インデラルは、医師の処方箋が必要な薬です。ドラッグストアなどで購入することはできません。手に入れたい時は、
医師の診察を受けて処方箋をもらうようにしてください。

しかし、あがり症で病院に通院するのはちょっと・・・とためらう人もいるかもしれません。その場合は、現在は
海外医薬品の個人輸入のインターネットサイトで購入することが可能です。

なお、2018年6月現在は、インデラルは医薬品の個人輸入が可能で、代行業者を経由してネットショッピングで
購入することが可能になっています。しかし、2018年1月に、厚生労働省からインデラルの個人輸入が規制されると
発表がありました。

6月時点ではまだ規制が始まっていないようですが、報道によると2018年上旬から規制予定と言われてきましたので、
そろそろ規制されるのではないかというところです。
近い将来、インターネットで購入することは難しくなりますので、ご注意くださいね。

Q&A

Q1.インデラルはコーヒーと一緒に飲むと効果が減る?

インデラルに限らず、薬はカフェインと併用するのはよくありません。カフェインには興奮作用があります。
インデラルは白湯やお水で飲むようにした方がよいですよ。

Q2.インデラルと他の薬との飲み合わせ、注意は必要か?

A2.インデラルと併用して服用できない、あるいは注意が必要な処方薬は非常に多く、2000件以上はありますので
注意が必要です。特に、神経系や感覚器官用の医薬品、循環器官用の薬とは併用しない方がよいです。
血管収縮剤や不整脈用の薬などは併用禁忌(一緒に服用してはいけない薬の組み合わせ)ですので注意が必要です。

また、インデラルに関わらず、薬を併用する際には専門的な判断が必要ですので、必ず薬剤師や専門スタッフに
相談するのがよいでしょう。

Q3.インデラルを処方してもらうのは何科を受診するのがよいですか?

A3.インデラルは、元々高血圧症や狭心症といった症状に対しての治療薬なので、内科で処方されることが多い薬です。
しかし、緊張に対しては内科は受診の領域ではないため、診察そのものが難しいかもしれません。

あがり症で通院したい場合は、精神科がおススメです。なお、インデラルは前述通りもともとが内科の領域の薬で精神科領域では
適用を受けていないため、処方されないことがあります。その場合、同じ向精神薬であるデパスなどを処方されることがあります。

Q4.インデラルを個人輸入で手に入れることは問題ないんでしょうか?

2018年6月現在、インデラルは個人輸入が可能です。自宅で個人的に服用する分には、問題なく購入ができます。
個人輸入業者の通販サイトで購入できます。

しかし、当然ですが個人輸入代行業者は、何かトラブルがあっても責任は負ってくれません。副作用や薬の特性を
理解したうえで、自己責任で購入するしかありません。初めての時や不安がある場合は、医師の診察の後購入する
方がよいでしょう。

また、インデラルは今後個人輸入に規制がかかり、通販サイトでは購入ができなくなります。インデラルと比べて
価格が安いジェネリック薬品もありますし、安全かつ安価に手に入れたいのであれば医師に相談してジェネリック
を処方してもらうのがおススメです。

ジェネリックにはアイデイトロール、ソラシロール、プロプラノロールなどがありますが、いずれも処方箋が必要です。

Q5.インデラルの服用は、将来の妊娠・出産に影響を及ぼすことはありますか?

妊娠中や授乳中の服用は、胎児や赤ちゃんに直接影響があるため避けた方が良いですが、妊娠前の服用は
問題ありません。あがり症やパニック障害の人が、妊娠するまでにしっかり薬を服用して症状を改善してから
妊娠するという人もいます。

よくある質問をまとめておきました。なお、回答に関しては、詳しくは医師に確認しましょう。

あがり症に効果のある薬の種類とは?

インデラル以外にも、あがり症に効果のあるとされる薬は多く存在します。あがり症の治療に薬を用いる場合、
その目的は大きく分けて3つあります。一つ目は、気になる身体的な症状を即座に抑える目的。二つ目は不安や緊張などの
精神症状を即座に和らげる目的。そして、三つ目は1日中効果が続く中で、苦手な状況に反応しないように落ち着かせる目的です。

あがり症の症状が出てしまう大事な場面で、しっかりと身体症状や精神状態を落ち着かせるのと同時に、大事な場面以外にも
しっかりと服用しながら治療していくということが重要なんですね。

では、それぞれの目的にあった薬とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

身体症状を即座に抑える薬

即効性がある薬には、その身体的な症状に応じて様々な種類があります。例えば、インデラルは「β遮断薬」と言われており、
動悸や震えといった症状に対してとても有効的な薬です。他にも、発汗がひどい場合には抗コリン薬、吐き気がひどい場合は
制吐剤を服用すると効果的です。

β遮断薬にはインデラルの他にアロチノロールがあります。また、抗コリン薬はプロバンサイン、制吐剤は
ナウゼリン、プリンペランです。

精神症状を即座に抑える

緊張する場面での、精神的な不安や心配を抑えるのに効果があるのが抗不安薬です。
抗不安薬は即効性があり、不安や緊張を和らげる効果が高いです。

一般的によく服用されるのは、デパスやリボトリール、レキソタン、ワイパックス、ソラナックスです。特に
リボトリール(ランドセン)は、社会不安障害に効果があると実証されている薬で良く用いられます。

長期間に渡って服用することで、効果を発揮する薬

あがり症の治療には、緊張する場面に薬を服用して症状を抑えるだけでは効果がありません。しっかりと治療するためには、
1日を通して不安や緊張を減らしていき、そもそもの不安や緊張を感じやすい状況を改善することが必要ですよね。

そんな時に服用する薬は、1日を通して効果が長く続き、また依存性が少ない薬が特徴です。一般的には、抗うつ剤や
長時間作用型の抗不安剤が用いられます。

抗うつ剤には様々な種類がありますが、その中でもセロトニンを増加させる作用の強い薬を使われることが多いです。
特に、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が良く用いられます。

SSRIは、セロトニンだけを選択的に増やす薬で、「パキシル」「ジェイゾロフト」「レクサプロ」「ルボックス/
デプロメール」の4種類が販売されています。そのうち、あがり症に効果があるとされているのは、パキシル・
レクサプロ・ルボックス/デプロメールの3種類と言われています。

抗うつ剤は、即効性はありませんが長く継続して飲むことで、徐々に効果が表れてきます。体調が良い、緊張があまり
感じられないからと言って飲むのを忘れてしまう、やめてしまうと全く効果はありません。むしろ、急に服用を止める
ことで、反動で離脱症状が出てしまうことがありますので、注意が必要です。自己判断での服用中止はしないようにしてくださいね。

そもそも、「あがり症」とはどんな症状なの?

さて、ここまではインデラルのあがり症への効果について説明してきましたが、そもそも「あがり症」というのは、
具体的にはどんな症状なのでしょうか?

多くの人は、慣れない場所や多くの人から注目される場所では緊張し、汗をかいたり顔が赤くなったりしますよね。
この「緊張」と「あがり症」、具体的にはどう違うんでしょうか?

ここでは、あがり症について、少し深堀りして説明しますね。

緊張とあがり症は大きく違う

あがり症と緊張は、実は症状がとてもよく似ています。そのため、実はあがり症の場合も、単なる緊張だと
見逃してしまうこともあるようです。しかし、あがり症は放置してしまうと、どんどん回数を重ねることにより
症状が悪化し、改善が難しくなってしまうことがあります。

「緊張」というのは、誰しもが感じることのある感情です。慣れない場所、試験や面接、大勢の前での発表など、
大事な場面になると人は緊張しますよね。このような場面では、自分の出番を待っている時にドキドキして汗をかいたり、
鼓動が速くなったり、のどが渇きますよね。

通常の緊張であれば、こういったドキドキや身体の変化を感じても、いざ本番となればそれなりに自分の力を発揮し、
すべきことはちゃんとできますよね。また、大事な場面が終われば、自然と鼓動は落ち着き汗も治まるでしょう。
この場合、症状は深刻ではありませんよね。

しかし、これに対してあがり症は、大事な場面ではなくても無条件にドキドキしてしまったり、大事な場面が近づくにつれ
過去の失敗が蘇り恐怖を感じるのです。特に、過去の失敗やトラウマが思い出され、また同じような失敗を起こすのでは
ないか・・・という恐怖心が沸き上がります。

あがり症の身体的な変化は、緊張と同じ心拍数の上昇や発汗だけではありません。中には声が出ない、動けないという状況が起こる
人もいます。また、症状があまりにもひどいと、パニックを引き起こしてしまう人もいます。

あがり症はこのように、過去のトラウマが大きく関わっています。そのため、何の対策もせずに「場数を踏めば慣れて症状が
治まる」といったことはまずありません。むしろ、回数を重ねるほどに恐怖が積み重なり、症状も悪化してしまうかも
しれないですよ!

あがり症のメカニズムは?

あがり症は、「マイナスの感情」の影響で、体内のホルモンが変化し、身体的な症状を引き起こします。あがり症は、
血液中にある「ノルアドレナリン」が上昇することで、交感神経が刺激されることが原因で発症します。

ノルアドレナリンは脳内や神経に作用し、緊張や興奮を脳で感じた時に大量に分泌されます。それにより交感神経が
活性化し、心拍数や体温の上昇が起きます。その結果、発汗や動悸、身体の震えに繋がります。

さらに、あがり症の人は、このような身体の症状が現れると、周りの人に迷惑をかけているのではないか・・・と
焦ってしまい、余計にパニックに陥ってしまいがちです。単なる身体の変化ではなく、精神的にも辛い病気なんですよね。

薬はあくまでも「一時的」なもの

インデラルがあがり症に有効な薬であること、薬であがり症を和らげることができる事実は充分に伝わったかと思います。
しかし、一つ注意してほしいことがあります。それは、インデラルを含む薬は、あくまでもあがり症の症状を
「一時的」に抑えるものであるということ。

つまりは、あがり症を根本的に改善できないということです。

インデラルなど薬を使って、大事な場面を乗り切ることもとっても大事だと思います。でも、本当に大事なのは、
薬に頼らないで根本からあがり症を克服することではないでしょうか?薬の力がなくても、大事なシーンで緊張せずに
自分らしく過ごせるようになる・・・そうなりたいですよね。

だから私は、インデラルを使ってあがり症を抑えるのではなく、別の方法を探したんです。

しかし、色々探してみたのですが、正直最初は「コレ!」と思うものには出会えませんした。
あがり症の改善には、様々な書籍やセミナーといった情報が溢れています。しかし、どれもが精神論を謳っているものばかりで、
具体的な改善方法がなかったんですよね。だから何をすれば改善できるのかがイマイチ分からなくて。

そんな中、私が出会ったのが、具体的に実践を教えてくれる教材でした。この教材は他と違い、ステップを踏んで
実際にあがり症の改善に向けてすべきことを「具体的に」教えてくれたんです。これは分かりやすく、実際に
やってみて少しずつ自分があがり症を克服している実感が持てました。そして、いつの間にかあがり症を解消できたんです!

もしあがり症を少しでも良くしたい、改善したい!と思っている人には、この教材をおススメします。
この教材に出会えたおかげで、今では声が震えることも赤面することもなく、人前で話すことができるようになりました。
根本からあがり症を改善したい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

-インデラル

Copyright© あがり症に効く市販薬は無い?治し方と付き合い方 , 2018 All Rights Reserved.