*

ミケラン

あがり症にβ遮断薬「ミケラン」?ある教材であがり症を克服

投稿日:

ミケランはあがり症に効果がある薬。でも私は使わなかった!

大勢の前での発表や、大事な面接試験。そんな場面で極度に緊張し、心臓がバクバクしてしまい上手に話せない・・・
そんな「あがり症」に悩んでいる人もいるでしょう。
私も、極度のあがり症で長年悩んでいました。

どうにかあがり症を克服したい!と思い、様々な治療法を調べた中で、ミケランという薬の存在を知りました。
ミケランがあがり症に効果があると聞き、気になって調べました。

確かに、あがり症に対して一定の効果があるように見受けられましたが、気になる点も数多くありました。
そこで、私は結局ミケランを使うことなく、あがり症を克服しました。

その理由と方法をお伝えしますね。

ミケランとは血圧を抑えるβ遮断薬のひとつ

ミケランは、大塚製薬株式会社が製造・販売している薬です。主成分はカルテオロール塩酸塩です。
交感神経の受容体に作用し、興奮の伝達を抑えるβ遮断薬のひとつに分類されています。

ミケランは、血圧を抑え、脈の乱れを整える効果のある薬です。そのため、狭心症や高血圧症、不整脈などの
治療に用いられています。また、眼球内の眼圧を下げる効果があることから、緑内障の治療にも用いられる薬です。

市販では購入ができず、医師の処方箋が必要な薬です。主には循環器科、あるいは眼科で処方されることの多い薬です。
しかし、あがり症に対しても動悸や息切れといった身体的症状を抑える効果が認められています。そのため、
心療内科や精神科で医師の判断のもと処方されることもあるようです。特に海外では多く処方されています。

β遮断薬とは?

あがり症の人は、大事な場面で緊張して心臓がバクバクしたり、動悸や息切れが起こることがありますよね。

これらの身体的症状は、脳内の神経伝達物質のひとつであるアドレナリンが交感神経の中でβ受容体を刺激することで
起こっています。β遮断薬は、このβ受容体の刺激のみを遮断する効果のある薬で、興奮が伝達されなくなることで
動悸や息切れなどの症状が現れにくくなるというものです。

ミケラン以外にも、インデラルやアロチノロール、テノーミンなど種類は様々です。ミケランは、β遮断薬の中でいくつか
特徴があります。一つは、β非選択。このため、心臓以外にも気管支に影響が出やすい薬です。また、ISA+に分類され、
心臓の機能低下を防止し、手足の冷え性などの副作用が出にくい特徴があります。

ミケランの服用方法について

通常、大人は1日2~3回の服用からスタートします。あがり症で処方される場合は、5mgの錠剤です。1回1錠を2~3回、
服用してください。試してみて効果が感じられない場合は、医師に相談の上最大1日6錠(1回2錠×3回)まで増やすことが可能です。
ただし、高齢者や他に持病がある人などは、一気に増やすことは避け、様子を見ながら増やすようにしてくださいね。

ミケランの薬の効果の長さは?いつ飲むのがベスト?

ミケランは、服用してから薬の血中濃度が半分になるまでの時間が約5時間と報告されています。あがり症で用いられる
β遮断薬の中では、インデラルが約4時間、テノーミンは約4時間~13.5時間と幅がありますので、ミケランは
中期的な薬の効果持続といえます。

ミケランの効果のピークは、体格や体質によって異なりますが凡そ1時間前後で効果を感じ始めた人が多いようです。
ですので、大事な場面の1時間~1.5時間前くらいに飲むのがおススメです。効果が5時間程度ですので、緊張する場面が
どれくらい続くかによって、服用のタイミングを計算してくださいね。

ミケランの気になる副作用は?

ミケランは、他のβ受容体と同様重い症状は少なく、比較的安全な薬です。
しかし、一部では副作用も報告されており、注意が必要です。

主な副作用としては、めまい・ふらつき・倦怠感・頭痛・立ちくらみなどが挙げられています。
これらは、主に薬の作用が強く出てしまい、血圧が低下し過ぎてしまう(徐脈)ことによる影響が考えられます。
薬を服用することで、めまいや息苦しさなど感じたら、服用を止め医師に相談しましょう。

副作用の中には、皮膚のかゆみ・湿疹や筋肉痛、こむら返りなどの身体的症状も報告されています。
血圧を抑え血管を収縮作用があるため、このような症状となって現れることがあります。
また、眼圧を低下する作用もある薬のため、中には副作用で涙の分泌が減ってしまう人もいるようです。

いずれにしても、服用を開始してから気になる体調変化がある場合は、早めに医師に相談してくださいね。

ミケランの服用を避けた方が良い人は?

ミケランは、元々は血圧を下げ、心臓への負担を和らげる効果がある薬です。そのため、低血圧の人は
服用に注意が必要です。

また、気管支喘息の人も服用を避けた方がよいでしょう。喘息を持っている人は、呼吸器の血管にも薬の影響が出てしまうため、
副作用が発生しやすいのです。喘息の症状がなくても、風邪をひいている場合や、特に乳幼児で風邪や気管支炎の時に
ミケランを飲むのは危険です。風邪薬や鎮静剤とミケランを併用するのは、おススメできません。

うっ血性心不全の恐れがある人や糖尿病の患者は、服用に注意が必要です。薬は腎臓で排出されますので、
腎機能障害の方も医師に相談の上服用するようにしてください。

また、ミケランを服用することでふらつきや眠気が起こることが稀にあります。車の運転や、危険な作業は
服用後は避けるようにしましょう。

ミケランは、緊張する場面での血圧上昇を抑えてくれる効果があります。しかし、気管支や目など体内の様々な
箇所で作用する薬ですので、あがり症に効果があるからと頻発して服用するのは危険な薬です。

ミケランの「薬の飲み合わせ」、注意が必要な薬とは?

ミケランを服用する場合、他の薬との飲み合わせに注意が必要です。

高血圧の薬(ジルチアゼム、ベラパミル)や、心臓の薬(ジギタリス)、抗不整脈薬と併用する際は
注意が必要です。血圧を抑える効果が強まり、徐脈を起こしてしまうことがあります。これらの薬を
服用している際は、医師に必ず相談しましょう。

また、糖尿病の薬との併用も注意が必要です。併用により、副作用で低血糖を起こす可能性があります。

市販薬との併用も注意が必要です。特に、風邪薬や鎮痛剤と同時に服用するのは避けた方がよいでしょう。

ミケランに関するQ&A

Q1.あがり症で用いられるβ遮断薬のインデラルとミケラン、何が違うのですか?

インデラルとミケラン、共に作用は同じβ受容体に働きかける薬です。違いはインデラルが脂溶性β遮断薬で
あるのに対し、ミケランは水溶性のβ遮断薬です。

脂溶性のβ遮断薬は、体内での吸収スピードが速いため、服用してから効果を感じるまでが早いです。また、
体内に吸収されてから肝臓で速やかに代謝されます。そのため、効果の持続は短めです。また、脳内に入りやすい
性質がありますので、気分の変化が大きく現れやすいのも特徴です。

一方、ミケランのような水溶性β遮断薬は、体内への吸収が比べて緩やかなので、効果の表れ方もゆっくり
感じる人が多いです。その分、体内に薬の成分が残る時間が長く、効果が長く感じられます。
その分薬に依存しやすくなるので、注意が必要です。

大事な場面が短時間で即効性を感じたいのであればインデラル、効果を1日持続させたいので
あればミケランがおススメかもしれません。

Q2.インデラルとミケラン、同時に服用するのは問題ありませんか?

インデラルもミケランも、作用は同じβ受容体です。そのため、同時に服用することで効果が強まる一方、
副作用や依存の症状が強まる可能性もあります。併用して服用するのはお勧めできません。どうしても同時に
服用したいという場合は、医師に相談・確認してから服用するようにしてください。

Q3.あがり症で心療内科にかかったところ、ミケランとソラナックスを処方してもらいました。子どもの頃小児気管支喘息だったのですが、ミケラン飲んでも大丈夫ですか?また、ミケランとソラナックス、両方飲まないと意味ないですか?

A3.ミケランはβ遮断薬で動悸や息切れ、高血圧などあがり症による身体的な症状を抑える薬です。一方、
ソラナックスはあがってしまう場で感じる不安感や心配感などの精神的な症状を抑える効果がある、「抗不安薬」です。

両方飲まないと効果がない、ということはわかりませんが、それぞれ作用が異なりますので両方服用することで
よりあがり症の症状を抑えることができる可能性はあると思います。

また、ミケランの服用については、今現在喘息の症状がないのであれば、おそらく服用しても大丈夫でしょう。
しかし、医師や薬剤師に一度確認してみた方がよいと思います。

Q4.ミケランを処方され、いつもあがる場面の前に飲んでいます。この度妊娠が分かったのですが、もう飲まない方がいいですか?

A4.妊娠中の人への薬の服用に関しては、添付文書に以下のように記されています。

「妊婦または妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。妊娠中の投与に関する安全性は確立していない」

つまりは、妊娠中にミケランを服用することにより、お腹の赤ちゃんに影響が全く無いということは言えないです。
妊娠が分かったら、服用を止めるようにしてください。ただし、急に服用を止めることで身体的、精神的に不調を
きたすようであれば、産婦人科あるいは精神科の医師に相談してみてください。

また、出産後の授乳中の人についても、授乳期のミケランの服用は避けるよう記載されています。これは動物実験で、
母乳に薬の成分が意向することが報告されています。授乳期にどうしてもミケランの服用が必要であれば、
粉ミルク育児に変えるとよいでしょう。

Q5.私は極度のあがり症で、特に人前に出ると汗が大量に出ます。ミケランを飲むと汗は治まりますか?

A5.ミケランは、主に血圧の低下や心拍数の低下に作用する薬です。血圧が低くなることで、結果的に汗が
抑えられる可能性はありますが、直接の作用効果はありません。

発汗の症状を集中的に抑えたいということでしたら、抗コリン薬のプロバンサイン(プロスパス)の服用が効果的です。
医師に相談してみてください。

ミケランはあがり症のドキドキを抑える効果がある一方、危険も多い薬

いかがでしたか?
ミケランは、服用することで動悸や息切れ、心臓のバクバクを抑えてくれる優秀な薬です。
あがってしまう場面の前に飲むことで、大事な場面もドキドキせずに乗り越えることができる人も多いでしょう。

その反面、気管支や目など身体の様々な箇所に作用する薬でもあり、服用に注意が必要な薬だという事が分かったと思います。
ぜひ、むやみにミケランを服用するのではなく、上手に薬を使ってあがってしまう場面を乗り切ってくださいね。

私はミケランを使わないであがり症を克服した!

そして、最初にお話した通り、私はここまで調べた結果ミケランを服用しませんでした。
効果がある反面、副作用に不安があったためです。

そして、考えた結果、ある事に気づきました。
それは「薬を使って、あがり症は完全に克服できない」ということです。

薬を使うと、確かに大事な場面では緊張せずに乗り切ることができるでしょう。でも、薬の効果が切れると、
結局もとの自分に戻ってしまうんですよね。緊張するたびにミケランを服用しなくてはならない、そんな
自分を想像して怖くなったんです。私は、薬に頼らずに、根本的にあがり症を改善したい!と思いました。

そこで、自分で色々と調べました。そして、出会ったのがあるテキストです。

このテキストは、今まで見てきたあがり症の改善方法とは全く違うものでした。
何が違うのか、それは内容が全て具体的で、行動しやすいという点です。

様々な本も読みました。セミナーも受けました。でも、そのどれもが頭では理解できたとしても、
自分の行動に繋がりませんでした。精神論や、結局何をしていいのか分かりづらい事ばかりで、
自分を変える行動に繋がりませんでした。

それが、このテキストは、一度読んだだけで行動を変えることができました。
私も嬉しくなり、テキストに沿って行動するだけで徐々にあがり症の改善ができている自分に感動しました。

最終的に、私はこのテキストのおかげで、薬に頼ることもなくあがり症を完全に克服しました!今では大勢の前での
スピーチも、朝礼での発表も、全く緊張しなくなりました。

もし、あがり症を本当に改善したい、と悩んでいる人がいたら、このテキストはお勧めです!

私があがり症克服できたきっかけがある電子書籍(教材)です。

>>詳しいプロフィールはこちら

この教材に出会う前にいろいろとあがり症の論文を読み漁ったのですが
下記の論文にはカウンセリングをしたあとの方があがり度が小さくなっている。
(改善している)という研究結果がでています。

ただ発表やスピーチの前に何度もカウンセリングを受けるのは現実的でないですし
非効率です。

私が出会った教材は、いわば自分で自分をカウンセリングできる内容でした。
なので他人にカウンセリングしてもらうよりも効果が持続しますし、
自分の潜在意識に「自分で」働きかけることができるので、いくらでも軌道修正
できるのです。




>>自分カウンセリングであがり症を克服する教材

また、教材には「具体的な」あがり症克服方法がかいてありました。

「心構えばかり教えられても納得出来ない」
「もっと具体的に何をすればいいのか教えてほしい」

と思っていた私にぴったりの教材でした。





あがり症で悩んでいる方はこれの教材で最後という心積もりでチャレンジしてみないと
本当に後悔してしまうと思いますよ。




ぜひすぐ読める電子書籍を購入して実践してみてくださいね。




-ミケラン

Copyright© あがり症に効く市販薬は無い?治し方と付き合い方 , 2018 All Rights Reserved.