*

テノーミン

「テノーミン」を用いずにあがり症を克服する方法

投稿日:

テノーミンはあがり症に効果がある薬。でも調べると・・・

高血圧症や狭心症の治療に用いられる薬「テノーミン」。あがり症の症状改善にも効果があると言われています。

私も、極度のあがり症で悩んでいました。そんな時テノーミンの存在を知り、気になって調べてみました。
すると、あがり症に一定の効果がある反面、気になる点もいくつかある薬だと分かりました。

なので、結局私はテノーミンを飲まずに、別の方法であがり症を克服することにしました。
そして、成功しました!

今からその理由を説明していきますね。

テノーミンとはどんな薬?

アストラゼネカで製造・販売されている薬です。β遮断薬と呼ばれる薬の一種で、同じ種類の薬にインデラルが挙げられます。

テノーミンは、日本では主に不整脈や高血圧症・狭心症の治療に用いられている薬です。そのため、精神科や
心療内科で処方されることはあまりない薬です。しかし、テノーミンの薬の作用機構からあがり症にも一定の
効果があるとされて、口コミなどでもあがり症に対して評価が高い薬です。

なぜテノーミンはあがり症に効果があると言われるの?

あがり症の主な身体的な症状は、大勢の前での緊張した時にあらわれる動悸や息切れですよね。

これらの動悸や息切れは、脳内の神経伝達物質である「アドレナリン」が交感神経を刺激することで起こっている症状です。
テノーミンをはじめとするβ遮断薬は、このアドレナリンの受容体であるβ受容体に作用して、結合を阻止します。
その結果、交感神経の刺激が抑えられ、緊張状態をやわらげてくれるのです。

動悸や息切れを一時的に抑えることで、緊張や不安感といった精神的な不安症状も抑えることができ、
結果的にあがってしまう場面でも平常心で臨めるというわけなんですね。

テノーミンを服用することで、身体的な症状が目に見えて抑えられるため、効果が感じられやすい薬だと言われています。

あがり症に効果のあるβ遮断薬とは?

あがり症に効果があると言われているβ遮断薬には、テノーミン以外にもインデラル・アルマール・
ミケラン・アロチノロールといった種類の薬があります。最も有名なのがインデラルです。

いずれも医師の処方箋が必要なお薬で、市販で手に入れることはできません。
また、主には狭心症や高血圧症の治療薬ですので、精神科で処方されないこともあるようです。

テノーミンの薬の効果時間はどのくらい?

テノーミンは、薬を服用してからの効果の発現がゆっくりで、効果の持続も長いという特徴のある薬です。
ですので、緊張する場面の直前に服用しても、効果が感じられないままスタートを迎えてしまうかもしれません。
即効性の低い薬ですので、あがり症の改善としてはあまり向かない薬かもしれませんね。

また、効果の継続は長く、24時間程度は作用が続くと言われています。そのため、薬が体内に長くとどまって
いるということですので、副作用が出やすかったり、依存しやすいという問題点もあるようです。

短期間で効果をスパッと感じたい場合には向きませんが、1日中緊張する場面が続くような時には
テノーミンを服用するとよいでしょう。

テノーミンの用量・用法は?

テノーミンは1回服用すると、効果が24時間ほど持続します。
そのため、1日1回服用で十分です。1日に何度も服用するのは問題です。

テノーミンには、25mgと50mgの2種類の錠剤があります。最初は25mgを1錠からスタートし、
様子を見て量を調整しましょう。

服用すると1日効果が続きますので、多くは朝食後に服用することで1日穏やかに効果を感じられる人が多いようです。

テノーミンの副作用は?

テノーミンの副作用には、主に倦怠感やめまい、しびれやふらつきが報告されています。特に、薬を服用し始めた頃に
身体がだるく感じるという報告が多いようです。また、中には視力異常なども起きているようです。
副作用の症状は比較的軽く、大きなものはありません。比較的安全な薬と言えそうです。

ただ、中には眠気やふらつきがありますので、危険を伴う作業や自動車の運転は、服用後は避けるようにしましょうね。

また、注意が必要な副作用には、徐脈が挙げられます。神経の興奮を抑える効果がある反面、脈拍数が低下
し過ぎてしまうことにより息苦しさを感じることがあります。服用後、苦しいと感じたら医師の診察を受けましょうね。

テノーミンに関するQ&A

Q1.テノーミンを服用してから、体重の増加が気になります。これは副作用の一種ですか?

A1.テノーミンの副作用の中には、むくみが報告されています。薬の服用によって、体内に水分を溜め込む作用が
あるからです。体重増加がこの影響かどうかは定かではありませんが、可能性はあるでしょう。
薬が体質にあっていない可能性もありますので、医師に相談することをおススメします。

Q2.夫がテノーミンを服用しています。先日、妊娠が分かったのですが7週頃に流産してしまいました。ふと思ったのですが、流産した原因はこの薬にあるのでしょうか?妊活中は男女ともにテノーミンの服用を止めた方がいいですか?

A2.妊娠初期の流産は、染色体の異常や胎児側の異常による自然淘汰であって、母体の摂取した薬の影響はさほど
気にする必要はありませんよ。それがご主人であっても同じです。
ぜひご主人やご自身を責めないでくださいね。

ただし、妊娠中、特に妊娠初期に服用した薬の影響が、その後の胎児の発育に影響する可能性はゼロでは
ありませんので、次回妊娠した際には、その点ご注意くださいね。

Q3.テノーミン錠は市販のドラックストラなどでは売っていないですか?

A3.テノーミンでは市販で売っていません。非常に強い薬ですので、医師の診断の元処方される薬です。

Q4.テノーミンと他の薬との飲み合わせ、注意したほうがよいのはどんなものですか?

A4.テノーミンは、飲み合わせに注意が必要な薬があります。飲み合わせによっては副作用が強く出て
しまうものもありますので、注意しましょう。

高血圧薬や、心臓の不整脈薬との併用は、徐脈を起こしやすくなります。また、緑内障の治療に使われる点眼薬にも、
注意が必要です。点眼薬の中には、β遮断薬の成分を含むものがあり、作用が重複してしまいます。
糖尿病の治療中の人も、服用の量やタイミングに注意が必要です。必ず医師に相談しましょうね。

また、テノーミンは鎮痛剤との服用も避けた方がよいでしょう。鎮痛剤の作用により、テノーミンの血圧の
低下作用が弱まってしまうことがあります。

Q5.テノーミンを服用し始めてから、怖い夢で真夜中起きることが増えてしまいました。これは薬のせいですか?

A5.テノーミンの副作用で多くはないですが睡眠障害が報告されています。また、睡眠が薬の影響で浅くなってしまい、
睡眠が満足に取れていない可能性は考えられます。

どうしても深く眠れない、睡眠不足が続く、悪夢が続くということであれば、医師に相談してみるのがよいでしょう。
もしかしたら薬が体に合っていないのかもしれませんね。

あがり症を薬で改善する、とは?

ここまでは、テノーミンの薬の効果や副作用について、具体的に紹介してきました。
そもそも、あがり症の症状を「薬を使って抑える」ということは可能なのでしょうか?

ここからは、テノーミンを含む薬でのあがり症克服について、調べたことをご紹介しますね。

あがり症の改善薬は、大きく分けて3種類

精神科や心療内科であがり症の治療について相談した時、処方される薬の種類は非常に多いです。それらを
大きく分けると、3つのカテゴリに分類できます。

1つは、テノーミンやインデラルのように、あがってしまう場面で起こる身体的な症状を抑える効果のある薬です。
動悸、息切れ、発汗、震えなど、身体に起こる症状を薬によって一時的に抑えるものです。薬を服用することで、
身体が楽になり、いつも現れる症状が見られないことで心にも行動にも余裕ができる、そんな薬です。

2つ目は、あがってしまう場面で感じる「失敗したらどうしよう」「不安でたまらない」といった心配感や不安感を
一時的に抑える薬です。これらは、抗不安薬と言われ、精神的な症状に対して効果を発揮する薬です。あがり症では、
デパス、レキソタン、リーゼなどが主に用いられています。

薬を服用すると、気分が落ち着き焦りを感じなくなる効果があります。比較的効果が早く現れ、持続時間も長くなくスッと
薬が抜けるのが特徴です。そのため、あがる場面の前に頓服として服用することが多い薬です。

最後、3つ目は、1つ目や2つ目のような一時的な症状の改善ではありません。長期的に継続して薬を服用することで、
感じている不安感をゆっくりと抑えていくための薬です。代表としてはパキシルが挙げられます。

この薬は、穏やかに効果を感じられるようになるまでに2~3週間と時間がかかります。効果が持続するように、
1日3回、決められた時間にしっかりと服用を続け、薬の血中濃度を安定させていきます。

即効性は感じられないですが、あがり症を根本から治したい、一時的ではなく完全に克服したいという時に
用いられることがある薬です。

ただし、長く服用を続ける分、薬を急に止めると反動で離脱症状が現れたり、精神的・身体的に不安定な状態になってしまいやすいのがデメリットです。また、薬に依存しやすい状態にもなりやすいです。

薬であがり症を根本から改善するのは難しい!

あがり症を薬で改善する、という事について調べた結果、私は一つの結論に達しました。
それは、「あがり症を根本から薬で治療するのは困難だ」という事です。

もちろん、テノーミンを含め薬の効果は一定あり、上手に使うことで緊張する場面を上手に乗り越えることが
できることもあると思います。でも、長く使えば使うほど、薬に頼ってしまいますよね。薬が無いと逆に
緊張してしまう、ということにもなりかねません。

全員がそうだとは思いませんが、少なくとも私は調べていて、テノーミンや薬に頼るのは怖いなと実感しました。

そこで、私は薬を使わずにあがり症を改善する方法を探し始めました。
そこで出会ったのが、あるテキストです。

このテキストには、具体的なあがり症の克服方法が書かれてありました。しかも、分かりやすいため、私は
書かれてある方法をただ実践すればよいだけだったんです。それで、実際にあがり症を克服することができました!

あがり症の改善方法に関しては、様々な書籍やセミナーが実在します。もちろん、私もそれらを試してみました。
しかし、結果には結びつかなかったんです。それが、このテキストではしっかりと結果になって現れました!

なぜなら、テキストに書かれてある事は非常に簡単で、かつ具体的で実行しやすい内容だったんです。セミナーを
受けても「がんばって!」「前向きに!」と抽象的な事ばかり言われて腑に落ちなかったんです。
それが、このテキストには一切ありません!

もしあなたが根本からあがり症を改善したい、と思うのであれば、私はこのテキストをおススメします。

私があがり症克服できたきっかけがある電子書籍(教材)です。

>>詳しいプロフィールはこちら

この教材に出会う前にいろいろとあがり症の論文を読み漁ったのですが
下記の論文にはカウンセリングをしたあとの方があがり度が小さくなっている。
(改善している)という研究結果がでています。

ただ発表やスピーチの前に何度もカウンセリングを受けるのは現実的でないですし
非効率です。

私が出会った教材は、いわば自分で自分をカウンセリングできる内容でした。
なので他人にカウンセリングしてもらうよりも効果が持続しますし、
自分の潜在意識に「自分で」働きかけることができるので、いくらでも軌道修正
できるのです。




>>自分カウンセリングであがり症を克服する教材

また、教材には「具体的な」あがり症克服方法がかいてありました。

「心構えばかり教えられても納得出来ない」
「もっと具体的に何をすればいいのか教えてほしい」

と思っていた私にぴったりの教材でした。





あがり症で悩んでいる方はこれの教材で最後という心積もりでチャレンジしてみないと
本当に後悔してしまうと思いますよ。




ぜひすぐ読める電子書籍を購入して実践してみてくださいね。




-テノーミン

Copyright© あがり症に効く市販薬は無い?治し方と付き合い方 , 2018 All Rights Reserved.