*

ワイパックス

効果的な「ワイパックス」を使わずにあがり症を克服した!

投稿日:

あがり症に効果が高いワイパックス。でも私は違う方法であがり症を改善した!

大勢の前でのスピーチや、大事な就職面接などの場面で、とてつもなく緊張してしまい上手に話せない、
息苦しさを感じる人もいるでしょう。そんな「あがり症」を何とかしたい、と悩んでいる人も少なくありません。
私も極度のあがり症で、長年悩まされてきた一人です。

あがり症を根本から治したい!そう思った私は、心療内科で「ワイパックス」という薬を処方されました。最初は飲むと
あがりが抑えられて効果的だ!と感動しました。しかし、最終的にはワイパックスの力ではあがり症を完全に克服する
ことができなくなりました。

そこで、私は別の方法を用いて、あがり症を完全に克服したんです!

ここでは、ワイパックスがどうして克服に向かなかったのか、そして私がどんな方法であがり症を克服したのか、
理由をお話ししていきますね。

ワイパックスはどんな薬?

ワイパックスは商品名で、一般名を「ロラゼパム」と言います。抗不安薬の一種で、気分をリラックスさせ、
不安や緊張感を抑える効果のある薬です。

不安感を和らげる効果が高いのが特徴の薬です。そのため、あがり症だけではなく、うつ病やパニック障害などの
精神疾患にも用いられる薬で、心身症などの身体的な病気の治療にも幅広く適用されています。

また、ワイパックスには筋肉の強張りをほぐす効果があり、肩こりや頸椎症、腰痛、痙攣性の病気の治療に
用いられることもあります。
副作用も少なく、安全な薬なので、精神科や心療内科だけではなく幅広い診療科で処方される薬です。

ワイパックスの作用と特徴は?

ワイパックスは、脳の神経受容体であるBZD受容体に作用し、リラックス系の神経を活性化します。そのため、精神状態が安定し、
興奮やイライラを抑えリラックスした状態に導いてくれます。
リラックス効果があり、筋肉の緊張もやわらげてくれる薬なので、睡眠導入剤としても効果のある薬です。

ワイパックスは、他の抗不安薬と異なり、薬の代謝に肝臓や腎臓が深く関わっていない薬です。そのため、肝臓や腎臓への
負担が少なく、肝機能や腎機能が弱っている人、治療中の人にも用いやすい薬です。副作用が少ないこともあり、
高齢の方でも使いやすい薬と言えます。

ワイパックスの服用効果はどれくらい?

ワイパックスは、服用後体内で吸収されるスピードが比較的早く、服用してから約2時間程度で血中濃度がピークになります。
薬の持続効果は約12時間程度で、抗不安薬の中では中時間作用型として位置づけられています。

ワイパックスの副作用は?

ワイパックスは、非常に安全性が高く、重い副作用はほとんどないのが特徴です。しかし、少ないとはいえ副作用が
あるので、注意は必要です。

ワイパックスで多く報告される副作用は、眠気、脱力感、倦怠感です。突然寝てしまうということはないようですが、
車の運転や注意力が必要な作業を要する時は服用しない方がよいでしょう。

また、安全性が高いからといって、長期間服用を続けると、薬への依存が出てきてしまいます。その時に突然自己判断で
ワイパックスの服用を止めると、離脱症状として不安感や不眠、イライラなどの症状が出てくることがあります。

あがり症に効果を感じられ、ワイパックスの服用の必要がないと思っても、自己判断せずに医師に相談のもと、徐々に
量を減らしていくのがよいでしょう。

他の抗不安薬との違いは?

抗不安薬には、ワイパックス以外にも様々な種類の薬があります。その中でもワイパックスは、ベンゾジアゼピン系の
薬の中では依存性が強くなく、副作用も少ない薬と言われています。

また、ワイパックスは薬の作用期間が約12時間と中程度です。リーゼやデパスは6時間と短く、レキソタンは20時間と
長い効果があることから比べると、ワイパックスはバランスのよい薬と言えます。

安全性が高いので、初めて抗不安薬を服用する人に適している薬と言えますね。

ワイパックスの服用で気を付けた方がよいことは?

ワイパックスは、比較的安全で幅広く使える薬だと紹介しました。一方で、服用するデメリットや注意点もあります。

ワイパックスの服用で睡眠の質が変わることがある

ワイパックスは、催眠作用がある薬です。そのため、体質によっては効きすぎてしまい眠気が強く現れる人も
いるので注意が必要です。

また、ワイパックスは服用することで睡眠の質を変えてしまう作用があります。人間の睡眠リズムには、深い眠り
(レム睡眠)と浅い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返す傾向がありますが、ワイパックスはレム睡眠を減らしノンレム睡眠を
増やす作用があります。このため、深く眠れなくて寝不足になったり、長時間寝たのに寝足りないといったことが感じられるようです。

また、ワイパックスの副作用で、日中眠気が襲い、夜間は眠れないといった昼夜逆転が起きてしまう人もいるようです。
ワイパックスを服用してから睡眠で困ることがある場合は、早めに医師に相談して薬を変更したり量を調整してみましょうね。

ワイパックスに関するQ&A

Q1.あがり症で初めてワイパックス1mgを朝2錠飲んだところ、吐き気やだるさ、ふらつきで辛くなりました。ワイパックスはこんなものですか?私には合っていないですか?

A1.初めての服用で、朝に1mgを2錠は飲み過ぎのように感じます。通常は、継続して服用する場合は1~3mgを
1日2回~3回に分けて服用します。頓服として使う場合は、1 mgを1錠が一般的です。

もし次回服用する機会があれば、1mgを1錠飲むようにしてみてください。これでも副作用が出るようであれば、
医師に相談して薬を別の物にした方がよいかもしれません。

なお、ワイパックスは筋弛緩作用とリラックス作用が強い薬ですので、特に朝飲むと眠気を感じ、ふらつきやだるさが
強く出る場合があります。初めて服用するということであれば、特に強く副作用を感じたかもしれませんね。

Q2.ワイパックスとデパスの違いはありますか?

A2.デパス、ワイパックス共にベンゾジアゼピン系抗不安薬に属する薬です。両方とも不安感を抑え、緊張を
和らげる効果がありますが、効果の表れ方に違いがあります。
デパスは、うつや緊張以外にも、心身症や腰痛、筋収縮性の頭痛など幅広く効果があり、効果が強いのが特徴です。

一方、ワイパックスは抗不安作用が強く、ベンゾジアゼピン系の薬の中でもとりわけ安全性が高いのが特徴です。
また、効果がデパスよりも長く続きます。そのため、高齢の方でも安心して服用できる薬です。

Q3.眠気や倦怠感が続いている時にワイパックスを服用するのは危険ですか?先日ワイパックスを服用したところ、2週間経った今でも疲労感が消えず、副作用が心配です

A3.ワイパックスを含む抗不安薬の副作用がどのくらい続くのか、薬物の体内への残留期間は人によって違います。そ
のため、2週間続く疲労感が薬による影響なのか、判断するのは難しいです。

また緊張する場面が近々あり、ワイパックスを服用したいということであれば、量を調整しながら服用して様子を
見てみるといいかもしれませんね。ワイパックスは抗不安薬の中でも比較的安全で副作用も弱いので安心できると
思います。ただ、気になるようであれば事前に医師に相談してから服用することをおススメします。

Q4.ワイパックスを心療内科で処方されました。医師は基本的に緊張する場面の前に飲めばよい、と言っていました。しかし、薬は毎日決まった回数飲んだ方が、効果が出るのでは?と私は思っています。薬の飲み方は、どちらのほうが、効果があるんですか?

A4.ワイパックスを含む抗不安薬をあがり症の改善に用いる場合、薬はあくまでもあがりの症状を軽減するための対処法で
あります。よって、薬を服用することはあがり症の根本的な解決にはなりません。

ご質問の方の場合であれば、医師が頓服として処方しているのであれば、そのように服用すれば大丈夫です。もし何度も
服用してもあがり症が良くならないということであれば、医師に相談してみてください。長期的に薬を使ってあがり症の
症状を改善するのであれば、SSRIを処方されるはずです。

Q5.妊娠の可能性がある時、ワイパックスは服用してはいけないですか?

A5.ワイパックスに限らず、妊娠中、特に妊娠初期に薬を服用するのは避けた方がよいでしょう。胎児の成長に影響が出る
可能性があるからです。ただし、ワイパックスの添付文書には絶対に服用してはならないとは記載がないため、服用しないと
心配という状況であれば医師に相談してみてもいいかもしれません。

また、今まで継続して服用していたのに、突然服用を止めてしまうと、離脱症状が現れてしまうことがあります。
妊娠が分かった時点で、かかりつけの心療内科や精神科で相談した方がよいでしょう。

ワイパックスであがり症は根本的に治せない

ワイパックスは、抗不安薬の中でも安全性が高く、安心して服用することができる薬だとお分かりいただけたと思います。

また、あがり症にも一定の効果があり、飲むことで大勢の前や緊張する場面も乗り切ることができる!という人が多く、
あがり症の人にとっては有効な薬のひとつかもしれません。

私も、自分でワイパックスの事を調べ、とても効果が高いと感じました。そして、実際に処方されて服用してみたところ、
いつも緊張して失敗する場面でも精神状態を落ち着けて臨むことができたんです。これはすごい!ととても
感動したことを覚えています。

それからも、緊張の場面が来るたびに、ワイパックスを服用し乗り切ってきました。そんな生活を何年も続けて
いたのですが、今度は徐々に薬を飲まないと不安を感じるようになってきたんです。

そして、事件はついに起こりました。ある日、大事な場面の直前に薬を服用しようとしてバッグを開いたところ、
なんとあるはずのワイパックスが無いんです!家に忘れてきてしまったのです。薬さえ飲めば大丈夫、と自信があった私は、
逆に「薬が無い!どうしよう!!」と不安で不安でたまらなくなってしまいました。

結局、この日はワイパックスを飲めず、大事な場面でも今まで以上に失敗をしてしまいました。そして、立ち直れない程
落ち込み、反省し、ようやく気付いたんです。「薬ではあがり症の症状を一時的に抑えるだけで、根本的には治せない」と。

それから、私はあがり症を徹底的に克服したいと思い、様々な文献を読み、セミナーも受けました。なかなか合うものが
見つからず苦戦したのですが、最終的に出会ったのがこのテキストです。

このテキストを読んだ瞬間、私は「これだ!」と確信しました。これなら根本的にあがり症を治せる、と感じたんです。

その理由は、テキストに書かれてある事が非常に「具体的」で「実行しやすい」事ばかりだからです。今まで受けてきた
セミナーや読んだ書籍にも、様々な対処法は書かれていました。しかし、精神的なエールやあがり症の克服に繋がらないこと
ばかりだったんです。それが、このテキストには一切なく、行動に移せば自然にあがり症が改善できる内容になっていたんです。

早速、テキストを読み行動を移しました。その結果、私はあがり症を完全に克服することに成功したんです!

今では、人前に出ることも恥ずかしくありませんし、極度に緊張して不安になることもありません。もちろん、病院への
通院も必要なく、ワイパックスのような薬に頼ることもありません。とても幸せな生活を送れています。

もしあがり症で悩んでいて、本気で何とかしたい!と思っている人がいれば、このテキストを心からおススメします。

私があがり症克服できたきっかけがある電子書籍(教材)です。

>>詳しいプロフィールはこちら

この教材に出会う前にいろいろとあがり症の論文を読み漁ったのですが
下記の論文にはカウンセリングをしたあとの方があがり度が小さくなっている。
(改善している)という研究結果がでています。

ただ発表やスピーチの前に何度もカウンセリングを受けるのは現実的でないですし
非効率です。

私が出会った教材は、いわば自分で自分をカウンセリングできる内容でした。
なので他人にカウンセリングしてもらうよりも効果が持続しますし、
自分の潜在意識に「自分で」働きかけることができるので、いくらでも軌道修正
できるのです。




>>自分カウンセリングであがり症を克服する教材

また、教材には「具体的な」あがり症克服方法がかいてありました。

「心構えばかり教えられても納得出来ない」
「もっと具体的に何をすればいいのか教えてほしい」

と思っていた私にぴったりの教材でした。





あがり症で悩んでいる方はこれの教材で最後という心積もりでチャレンジしてみないと
本当に後悔してしまうと思いますよ。




ぜひすぐ読める電子書籍を購入して実践してみてくださいね。




-ワイパックス

Copyright© あがり症に効く市販薬は無い?治し方と付き合い方 , 2018 All Rights Reserved.