*

レキソタン

レキソタンの効果に疑問。あがり症を克服した私の改善法

投稿日:

レキソタンを使わないで私はあがり症を克服しました

あがり症で心療内科や精神科を受診した時に処方される「レキソタン」。
レキソタンは抗不安薬、あるいは精神安定剤と呼ばれる薬です。
口コミでも評価は高く、レキソタンを服用すると大事な場面でも緊張せずに済んだ!という声も多いようです。

しかし、私自身、調べてみると副作用や生活への影響もあるようで気になって服用しませんでした。
代わりに、あるテキストを使ってあがり症を克服する事に成功したんです。

ここではその理由をご紹介していきますね。

レキソタンとはどんな薬?

レキソタンは、・中外製薬が1977年に日本で開発、販売した「ベンゾジアゼピン系」に属する抗不安薬のひとつです。
抗不安薬は不安を和らげる効果のある薬で、精神安定剤と呼ばれることもあります。抗不安薬はそのほとんどが
ベンゾジアゼピン系の薬です。

レキソタンの効果は、主に不安感を抑え、筋肉の緊張を和らげます。神経症や緊張対策に効果が高く、緊張や不安を
抑えるのであがり症にも効果があると言われています。あがり症以外にも不安神経症、心身症、パニック症候群、
自律神経失調症、不眠症、更年期障害、抑うつ症など幅広い症状に対して処方されています。

レキソタンは筋肉の緊張をほぐし、眠くなる作用があることから、睡眠導入剤や筋肉緩和剤として使う場合もあります。

レキソタンの最大の特徴は、不安を和らげる効果がとても強いことにあります。他の抗不安薬に比べての抗不安効果が
大きいため、「レキソタンが最も効果がある」という口コミをする人が多いです。

また、効果が出るのが早い薬でもあり、服用後1時間程度で効果のピークを迎えます。そのため、あがってしまう場面の前に
飲めばしっかりと効く、とお守りのように持っている人もいるようです。

ただし、効果が強い分副作用に気を付けたい薬でもあります。また、飲み続けることで薬に依存してしまう可能性が
ある薬でもあります。
また、レキソタン市販はされていません。医師の診断のもと、処方される薬です。

レキソタンの効果の長さは?

レキソタンは、長時間効果が続くことで知られています。効き始めは速く、服用後30分~1時間位で効果が最大になって現れます。
口コミを見ると、体感的には15分くらいで効き始めているのが実感できる人が多い印象です。
また、服用後の効き目は長く、服用後12~20時間くらいは効くと言われています。

他の抗不安薬の中には、メイラックスやレスタスと言った、服用後200時間も効果が続く薬がありますので決して
長い効果ではありませんが、それでも1日数回飲むことで効果を持続させることができます。また、1回の服用で
長時間効果があるので、不安を感じてあがってしまう人には長く優しく効いて、良い薬だと言えますよね。

レキソタンはどんな場合に飲むとよい薬?

レキソタンは、その効果が強く即効性がある薬です。そのため、不安感が強く他の薬を試しても効果が出なかったと
いう人に向いている薬です。ですので、あがり症で心療内科や精神科を受診した時、最初から処方されることは
少ない薬かもしれませんね。

しかし、最初から処方されたからと言って、危険という訳ではありません。用量・用法をしっかりと守って
服用しながら、様子を見ましょう。

レキソタンを服用するタイミングはいつが良い?

先述した通り、レキソタンは効果のピークが服用後1時間頃とされています。また、効果が出始めるのが30分前後
経った頃だと言われています。ですので、緊張する場面や大事な場面の約1時間~1時間半程度前に服用すると、
大事な場が始まる頃には薬がしっかりと効き不安感が抑えられていると思います。

逆に、1時間~1時間半前にレキソタンを服用しても、思うように不安が治まらなかったり、身体の震えや心拍数の増加が
抑えられない時は、レキソタンが効いていないかもしれません。医師に相談し、他の薬に変えるか、
服用する量を調整するとよいでしょう。

レキソタンの副作用は?

レキソタンの副作用は比較的少なく、抗不安薬の中では眠くなりにくいと言われています。しかし、レキソタンの効果の中に
睡眠作用があるため、眠く感じてしまう人もいるようです。効果には個人差がありますので、できれば大事な場面を迎える前に、
レキソタンを服用し副作用の有無など一度試しておくのが良いかもしれませんね。

なお、報告されているレキソタンの主な副作用には、以下のようなものがあります。

・めまい
・眠気
・ふらつき
・乾燥
・のどの渇き
・皮膚のかゆみ
・アレルギー

上記以外にも身体に異変を感じることがあれば、すぐに医師に相談しましょう。

妊娠中や授乳中のレキソタンの服用は?

妊娠中や授乳中のママが気になるのが、レキソタンを服用してもよいかどうか?という点ですよね。妊娠により、
毎日服用していた精神安定剤が飲めないとなると、不安感が増してしまうこともあるかもしれませんよね。
レキソタンの添付文書には、実は服用禁止とは書かれていません。しかし、このように書かれています。

「妊婦(3ヶ月以内)又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ
投与すること。」

つまり、どうしても治療の必要があり服用が必要であれば、服用が認められるということなんです。

しかし、レキソタンに限らず、妊娠中に薬を服用すると、その有効成分が胎児にも働いてしまい、奇形児が生まれる可能性が高まって
しまうことがあります。特に、レキソタンと同様のベンゾジアゼピン系の薬を服用した妊婦が出産した子どもにおいて、
口唇裂や口蓋裂が見られたという報告があるようです。

また、同様に妊娠後期にもベンゾジアゼピン系の薬の服用には細心の注意が必要です。同じくベンゾジアゼピン系の薬を
服用したことで、新生児に嘔吐や活動低下、チアノーゼなど影響があったという報告があります。

同様に、分娩前の服用では、出産後の新生児に離脱症状が出てしまったり、授乳中の服用によって黄疸が強く出てしまうと
いった症例も報告されています。

いずれにしても、妊娠中や授乳中のレキソタンの服用は、医師の診察のもと慎重に服用したほうがよいでしょう。
妊娠を望んでいる人も、同様に注意しましょうね。

あがり症を薬で治す、とは?

あがり症を薬で良くする、というのは具体的にどのような効果があるんでしょうか?
実は、あがり症に効果がある薬は、大きくはその効果の出方によって3種類に分けられます。

一つは、あがってしまった時に出る「身体的な症状」を一時的に抑える薬です。もう一つは、同じくあがり症の時に出る
「不安感」を一時的に取り除く薬です。この二つを使うことで、あがってしまう場面では一時的に症状を抑え、
乗り切ることができますよね。

しかし、一時的な効果だけでは薬を飲み続けないとずっとあがり症は克服できません。そのため、長期的に薬の力を使って
不安感を取り除き、あがり症を克服するための薬も使用します。

具体的には、どのような種類があるのでしょうか?

一時的にあがりによる身体の症状を抑える薬

このタイプの薬は、即効性があり、身体に現れる症状にピンポイントに効果を発揮するのが大きな特徴です。

例えば、インデラルやアルマール、セオノマールは震えや動悸に効果が高い薬です。緊張して汗をかいてしまう場合には、
抗コリン薬と呼ばれる薬(プロバンサイン)が効果的ですし、吐き気やえずいてしまう人は制吐剤(ナウゼリン)が効果的です。
これらの薬は、最も止めたい症状に合わせて処方されるのが一般的なようです。

一時的にあがりの原因である不安感を抑える薬

また、身体的な症状だけではなく、大事な場面の前に感じてしまう「失敗したらどうしよう・・・」という不安感や
心配感を薬で抑えることも大事です。この時に使われるのが抗不安薬。そう、レキソタンのような精神安定剤です。

この薬の特徴は、その即効性にあります。服用して数時間で効き目が表れ、不安な気持ちが落ち着くので頓服としても用いられます。

長期的に服用することで不安感や心配感を取り除く薬

あがり症をしっかりと克服したい場合は、上記2種類の薬ではなく抗うつ剤を服用していきます。

抗うつ剤の中でも、あがり症の治療に用いられるのはSSRIと呼ばれる薬です。これは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と
呼ばれる薬で、セロトニンを増加させる効果の強い薬です。

脳内では、セロトニンが不足してしまうと不安を感じたり気分が落ち込んでしまいます。SSRIはこのセロトニンの
分泌だけを増やし、気分の落ち込みや心配感を抑えていく効果があります。あがり症で主に処方されるのは、
パキシル・レクサプロ・ルボックス/デプロメールになります。

SSRIは他の2種類の薬とは違い、効果が出てくるのが非常にゆっくりです。そのため、決められた用量を一日数回きっちり
飲み続けることで、徐々に効果を発揮していきます。逆に前向きになったからと急に薬を自己判断でとめてしまうと、
離脱症状が出てしまい余計落ち込みがひどくなったり不安感に駆られてしまいます。注意しましょうね。

レキソタンに関するQ&A

Q1.レキソタンは個人輸入サイトでも購入できますか?

A1.個人輸入サイトや海外サイトで購入できることもあるようですが、基本的には医師の処方が必要な薬です。おススメできません。
レキソタンは向精神薬の輸入扱いのため、個人輸入が禁止されています。心療内科や精神科で医師の診察を受け、
処方してもらうのがよいでしょう。

Q2.レキソタンと一緒に服用される薬にはどのようなものがありますか?

A2.先述した通り、あがり症の薬には大きく分けて3つの種類があります。その種類が違う薬を併用して服用することで、
心身的・精神的、両方に効果がでるようにする場合もあります。例えば、以下のような薬です。

・インデラル・・・あがり症による心身的な症状を抑える効果がある薬。インデラルは高血圧症・狭心症の治療に用いられる薬。
心拍数を抑え、ドキドキ感を抑える効果がある。

あるいは、同じ抗不安薬を同時に服用することで、効果を増やしたり長く持続することもあります。例えば、レキソタンと
同じ向精神薬の「デパス」は、レキソタンに比べて効果が短時間です。そのため、レキソタンだけでは効果が弱いという時に
併用することがあるそうです。

しかし、あくまでも併用は医師の判断のもと行うようにしてください。併用することで、思わぬ副作用が出てしまうことも
あり、とても危険ですよ。

Q3.あがり症で病院を受診する時、初診料はどのくらいかかりますか?

あがり症は、心療内科で診察してもらうことができます。医師に症状を伝え、その症状が薬によって治療できると
判断されれば薬が処方されます。初診は、薬の処方と合わせて3,000円~5,000円程度が多いようです。薬の種類は1種類から
様子を見ることもあれば、2~3種類処方されることもあるようです。

Q4.レキソタンを長期間服用し続けると、依存症状は出てくるの?

レキソタンは、離脱症状に注意が必要な薬です。レキソタンは即効性があり、あがってしまう場面で服用することが続くと、
そのうち薬がないとダメ!と依存してしまう人も多いようです。

このような薬に慣れてしまった状態でレキソタンを飲めなくなると、イライラや落ち込みが見られ、身体的には肩こりや
頭痛という症状が現れます。また、中には吐き気や動悸、震えといった症状も現れるようです。

離脱症状は、薬を飲み続ける期間が長くなればなるほど起こりやすくなります。
そのため、薬に頼り切らない努力も必要になってきます。

Q5.レキソタンを服用している時に、心臓が締め付けられる感覚がある。これは副作用?

詳しい症状は医師ではないので断言できませんが、レキソタンの副作用の中にはごくまれに興奮状態や動悸が起きる
可能性があるようです。また、レキソタンは比較的副作用の少ない薬ではありますが、抗不安薬の中でも効き目の
強い薬ですので身体に合っていない可能性も考えられます。早めに医師に相談の上、薬の継続含め診断してもらいましょう。

最後に・・・薬に頼らない「ある方法」で私はあがり症を克服した!

レキソタンという薬がどのようなものか、少しは伝わったでしょうか?
私自身調べた時には、あがり症に一定の効果がある薬である反面、副作用や薬への依存が心配な薬という印象を受けました。
できればあがり症を根本的に治したい、そう思っていた私には、薬に頼り切ってしまいそうで怖いと感じてしまったんですね。

確かに、薬であがり症の症状を抑えるのはとても有効な手段だと思っています。毎回、心臓がバクバクして不安でたまらない
時間を、薬に助けてもらって楽に乗りきれるなら嬉しいですよね。でも、もっと大事なことは、自分の力であがり症に
「打ち勝つ」ことだと思うんです。

そこで、私はレキソタンを服用しないで、様々な治療法や克服法を自分で調べることにしました。書籍やセミナー、
口コミなど幅広く調べてみたのですが、最初は正直コレ!というものに出会えませんでした。

なぜ自分が納得できないのか、冷静に分析をしてみてわかりました。克服法のどれもが「精神論」や「具体性に欠けるもの」
だったので、実践することが難しいというのがその理由なんです。中には「あがり症は気分の問題です。頑張れ!」的なことを
言われて苦笑しました。それができるなら苦労しません(笑)

そんな時、あるテキストに出会い、私はすぐにコレだと感じました!なぜなら、このテキストには、あがり症を克服する
ために必要な「行動」が、順序立てて具体的に書かれてあったからです。これを読み、実践することで確実にあがり症を
改善できる、そんな気がしたんです。

実際、テキストを手に入れて読み、行動を変えたところ、あがり症を克服することができました。この教材のおかげで、
今では人前でのスピーチも緊張せずに自分らしく話せます。

根本からあがり症を克服したい!と願っている人がいたら、私はぜひこのテキストをおススメします。

-レキソタン

Copyright© あがり症に効く市販薬は無い?治し方と付き合い方 , 2018 All Rights Reserved.